FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

家が揺れる!アンテナ移設

壁面取付のBS/CS地デジアンテナの取付位置を変更、移設しました。

家の隅、通し柱になる部分に取り付けていました。団地のCATVが解散で組合の積立金で無料で業者に11年も前に取付けてもらったものです。取付位置は当初問題は無いと思っていたのですが、しばらくしてからちょっとの風で家が揺れるように感じだした。

取付部壁面を見ると窓枠部、隅にクラックが入っている。やはり揺れ振動によるものと思われる。取外し後の穴やひび割れも補修の必要がある。

家は高台にあり強風がもろに当たる立地条件にあります。よく考えてみると取付位置は南西角、角は両壁面ではなく片面は窓で開放となっています。パラボラ、扇形地デジアンテナに強風が当たりその振動は壁面を横から揺さぶる最悪の位置でした。

窓の反対側約2m程度南面に変更移設する事にしました。振動は面で受ける形になります。事前に用意したものはF型中継接線、F型防水接栓、コンクリート用エビプラグ、手持ちの
5CFVケーブル2m、ネジ、ブチルゴムテープ、Vテープ。

取り外し取付に特別な技術が必要なわけではなく、取付後のアンテナ調整もテレビのアンテナレベル表示を見ながら最大に左右方向、上下角度を調整します。職業であれば電界強度計を使用しますが、テレビレベル表示で大丈夫、テレビが近くに無ければ2人係になります。
bscs20200417.jpg
面倒で今迄放置していたが暇が出来たのでようやく移設できた。これで台風などの時は少しは安心できる。

家が揺れる原因がこのアンテナにあるかどうかは春の嵐が来ると結果が判る。もうすぐ後期高齢者になる。ベランダでの作業ですがこんな仕事ならまだやれる。

我が家は水害や土砂崩れの心配は少ない立地条件ですが、強風被害が一番心配。20年以上になり老朽化も進んでいる。補修が必要なのは屋根、壁いずれ近い時期にとは思っているが。
関連記事

| 住まいのDIY | 16:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

https://matrasan.blog.fc2.com/tb.php/499-1e621adc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT